2007年06月20日

親しらず抜歯の条件って?

親知らずは場合によっては抜く必要はありませんが、
下記のような症状の場合は、抜歯する可能性が非常に高いです。




■噛みあっていない

親しらずの痛みの原因が噛み合わせの悪さからくる場合は、
抜歯が必要。噛みあっていないと痛みを伴い、
頭痛など日常生活が困難になることもあります。


■矯正を考えている

歯の矯正を計画している方の場合、
親しらずの歯がジャマになることもあります。
もちろん歯医者さんの診断により親しらずを抜歯せずに、
矯正治療に入ることになるので、
一概に必ず抜歯が必須というわけではありません。


■虫歯・歯痛

親しらずは虫歯になりやすい箇所です。
また、親知らずが生えようとしていると、
かなりの痛みを感じますよね。
そういった場合は、状況により親しらずの抜歯が望ましい、
といえます。


■炎症
歯の汚れが溜まりやすいために細菌感染が起こりやすい親しらず。
炎症が繰り返しあったり、発熱や腫れを伴う場合は、
抜歯で解消させる必要あり。



posted by 親しらず at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 親しらずについて
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4430709

この記事へのトラックバック